会社案内COMPANY

社長ごあいさつ

夢と希望を持ち続け、目標に向かって努力する人でいたい

1925年(大正14年)先々代社長が創業してから95年、創業時はプレス機械などの産業機械の製作が始まりでした。

先代でプレス金型の設計製作へと業種転換をして、さらに金属製品、キッチンウェアー、ハウスウェアーなど家庭用品の製作を経て、現在は.換気扇、送風機、空調用機器を主力に産業機器、物流関連器具、建築関連金具の製作へと変遷しております。

私が入社した当時(1980年)は社員十数名の小さな町工場でした。

この小さな工場でお客様が欲している物を作るには、先代が長い年月の中で培ってきた金型設計製作の技術を用いることでした。それによってお客様が要望する難易度の高い製品製作を実現し、喜んでいただき、信頼していただけるようになりました。

現在も弊社は小さな会社ですが、技術力の開発、維持、確立を目標としてお客様の欲しい物やニーズを先取りし、積極的に提案して、お客様から信頼される会社となることを信条としています。

また、社員全員が信頼し合い、それぞれが責任と協調性とチームワークを共有して、未来へ夢と希望を持ちながらそれを可能にするために努力していく人材、組織になるよう努力しております。

光新産業株式会社
代表取締役社長 森井 剛

企業理念

  1. 協調性とチームワークを大切にし、責任と信頼を共有する組織となる。
  2. 顧客に信頼される企業となる。
  3. 自社技術を確立し、社会から求められ、貢献できる企業となる。

会社概要

名称 光新産業株式会社
所在地 本社工場 〒959-1286 新潟県燕市小関975-11
第二工場 〒959-1287 新潟県燕市大関157
第三工場 〒959-1286 新潟県燕市小関975-12
資本金 1,000万円
代表取締役 森井 剛
事業内容 プレス金型、プラスチック金型及び各種金型、設計製作
各種羽根車(シロッコファン、斜流ファン、ターボファン、他)設計製作
空調機、送風機用部品設計製作
物流補助器具、建築関連金具設計制作
医療理化学機器設計製作
金属プレス部品及び板金部品加工製作
取引銀行 北越銀行
第四銀行

沿革

大正14年 森井鉄工所として創業
プレス機械、産業機械の製作開始
昭和35年 プレス金型の設計製作を開始
プレス機械、産業機械製作から業種転換開始
昭和38年 金型製作業に完全転換
昭和47年 株式会社森近設立
昭和49年 送風機用羽車(シロッコファン)製作開始
金属プレス部品加工製作開始
昭和50年 光新産業株式会社に社名変更
昭和52年 送風機用羽車(斜流ファン)製作開始
昭和60年 燕市小関に本社工場移転
各種羽車設計製作及び空調機部品製作開始
平成2年 送風機組立纏め開始
平成9年 燕市大関に第二工場増築
平成16年 板金製品の生産開始
平成23年 燕市小関に第三工場増築
平成30年 換気扇組立纏め開始
現在に至る

設備一覧

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

生産設備 仕様・能力 台数
ワイヤーカット放電加工機 FX30・FA20・30 3台
マシニングセンター M-V40・50×2・60・70 5台
CNC 旋盤加工機 TCY200YS・TCN3500・2000 3台
CAD-CAM ThinkDesign、MasterCAM 一式
汎用旋盤 TAL-460・510 2台
汎用フライス盤 KGACF2 1台
ラジアルボール盤 TRD800C 1台
平面研削盤 PSG650DX・GHLB510NS 2台
成形研削盤 NSG-550A 1台
コンターマシン VA-400 1台
サーボプレス SDE-2025 1台
リンクプレス TPL-150L・200FX 3台
トルクパックプレス PT35t〜150t・OBS60 10台
NC レベラーフィーダー 150t仕様 3台
フィーダー 45t・60t仕様 2台
NC ロールベンダー BU-S650 1台
NCT ローダー付 1台
プレスブレーキ PAS-5020 1台
エアシリンダープレス APP-200S 1台
油圧プレス HYP-505SP 1台
バランスマシン 縦型(2台)・横型(4台) 6台
ブローチマシン VIJ-380E 1台
スポット溶接機 YF-0201Z5・DIT-723他 5台
ロボット溶接機 TA・TM-1400WGⅢ 2基
溶接機 YD-350GR 2台
リベット セッター SC-KR、SF-JR 2台
リベッターマシン BR2-122 1台
ベルトグラインダー FOR-FS2N 1台
自動倉庫 RACK PACK- s199棚 -